ロゴ
配送事業


セントラルキッチンと配食サービス
セントラルキッチンとは複数の介護施設などで提供している料理を一か所で行う施設です。
衛生管理の徹底、専門の栄養士の監修による栄養価を管理した料理を提供できます。
配食サービスについては施設の規模で、調理場のスペースを設けられない施設や人員コストを削減されたい施設様のお力になれます。
セントラルキッチンからご提供させていただく料理に関しては全て『クックチル』での対応となります。


クックチルとは
調理加熱後、急速冷却しチルド帯で保存し、提供時に再加熱して提供できる状態にする調理法です。


再加熱について
弊社のセントラルキッチンでは、再加熱の設備がない施設様向けに、再加熱した状態でリーバー・サーモポートという保温ができる容器に入れて配送させていただきます。
蓋を開けることがなければ1時間で1℃の温度変化しかない非常に保温・保冷に優れた容器です。


盛付けと食器洗浄
盛り付け(きざみ食・ミキサー食含む)・食器洗浄は、施設様で行っていただきます。



リーバー・サーモポート

保温・保冷可能な食材配送専用ケース

配送時の盛り付け

配送時の盛り付けの一例

配送準備済みのリーバー・サーモポート

配送準備済みのリーバー・サーモポート

配送準備済みのリーバー・サーモポートを移動

リーバー・サーモポートを配送車へ

施設様での盛り付け例

施設様での盛り付け

盛り付け完了

盛り付け完了

配食サービスを導入するメリット
1.厨房スペース、設備がほぼ不要になり、スペース有効活用が出来ます。
2.調理にかかわる水・光熱費が節約出来ます。
3.厨房設備のランニングコストの削減が出来ます。
4.食材に関する管理が不要になります。
5.栄養士の業務が軽減でき、利用者様への栄養指導などの業務に専念していただけます。